セリシン(繭玉)で美白

セリシンとは蚕の繭を精製、抽出してできたタンパク質の一種類です。蚕といえば絹、ですが、シルク石鹸やフェイスタオルコスメ好きなら一度は使ったことがあるのでしゃないでしょうか。

その繭からできるセリシンに紫外線から肌を守る成分が含まれている、と注目を集めているんです。

なぜならセリシンは紫外線を吸収するばかりではなく、しみやしわをつくる原因となってしまわないように抗酸化作用まであるんですね。

セリシンはさらに人の肌に最も近いとされるアミノ酸構造を持っていて、コラーゲンの約10倍も高い!!保湿効果があるそうなんですよ!

セリシンの化粧水

セリシンは化粧水にも利用されています。洗顔、プラス化粧水で紫外線をカットすれば日焼けによるしみそばかすも簡単に防げ、美白効果も期待できますよね。

セリシン化粧水は市販もされていますが、自分で作ることもできます。

用意するもの:シルクセリシンパウダー、精製水、グリセリン

作り方:

①精製水500mlにシルクセリシンパウダー1-3gを加え、ふたをし、弱火で3分ほ煮込む

②①が完全に冷めたらグリセリン少々を加えかき混ぜる

③ボトルなどに入れ冷蔵庫で保存。2週間ほどで使い切るか、冷凍庫で保存する

*使用前に、腕などの目立たない場所でパッチテストを行ってください。お肌に合わない場合は使用しないことをお勧めします。

セリシンはこの他にもシャンプーやリンス、トリートメントに利用されていて、紫外線から髪を守り、しっとり潤いを保ってくれます。