出産後の乳腺ケアにはマッサージを

乳腺を整えて出産後の貧乳改善乳腺が崩れたためにできてしまう、出産後の貧乳、垂れ下がってしまったバストは悩みの種ですよね。なかなか出産前のバストには戻らなくて、しかもサイズダウン。
母乳をあげて子供に免疫をつけてあげたいけど、バストの崩れも気になる。バストアップは女性の永遠の悩みでもありますが、出産後の貧乳ママは特に深刻。
出産後のバストダウンは授乳などによる乳腺の崩れが原因なんです。単純な貧乳とは違い、週産後のバストはこの乳腺を整えてあげることが大切。
方法としては、バストを整える乳腺マッサージ。これは授乳をしている時にするマッサージと同じ要領です。
基本はバスとの下から横、横から上へと左乳房なら右手で、右乳房なら左手でマッサージしてあげると力が入りやすく、またマッサージしやすいでしょう。
マッサージを効果的にしたい場合は、バストアップジェルなどを用いるといいかもしれません。バストアップジェルが高いなぁ~、という人は自分の好きな香りのクリームなどで乳腺をマッサージしてあげるといいですね。
香りで気持ちがよくなることで女性ホルモンの分泌に役立つかもしれませんよ。

乳腺を整えるには大豆イソフラボン

大豆イソフラボンでバストアップ乳腺を整える方法としては、食事やサプリメントから必要成分を摂取することも考えられますね。特に出産後のママは忙しいもの。できれば簡単にバストアップ効果が期待できる大豆イソフラボンやタンパク質を補うプロテインを摂りたいものです。
大豆イソフラボンが含まれる代表的な食品は、納豆、豆腐、煮豆、みそ、などです。つまり基本的な日本食を摂っていれば乳腺を整えてバストアップを図ってくれる成分が自然に摂れるということですね。
注意点は大豆イソフラボンがいくらバストアップにいいからといって、摂りすぎはいけません。女性ホルモンのエストロゲンに働きかける有益な成分ですが、摂りすぎると、女性ホルモン過多が原因の疾患を引き起こす可能性もあるので注意しましょう。
大豆イソフラボンを成分とした特定保険用食品の摂りすぎにも注意が必要です。乳腺を整えて豊胸効果を狙うならば、1日2食は豆腐や納豆を含んだ日本食にし、豆乳を1日1回は飲む、など工夫すると出産後の貧乳も改善しやすくなると思いますよ。