アクアミドを眉間のしわに注入する?

眉間のしわっていやですよね。年齢以上にふけて見えるし、いつも怒って見られる。自分は別に怒ってもいないのに、

「何怒ってるの?」 「今、不機嫌?」

って効かれること自体が眉間のしわを一層濃くさせたり。悩めば悩むほど眉間のしわは濃くなるばかり。そんな私も10代、20代の頃は眉間のしわに悩まされました。母親も眉間のしわが深かったですから、これはもう遺伝かと。

でも違うんですよね。しわを作る原因は他にあるんです。頭痛だったり、肩こりだったり、便秘だったり。私と母の場合は「便秘」でしたね。便秘からくる頭痛、肩こり。不快だから眉間にしわが。

母は真剣に美容整形でアクアミドを注入してしわと取ることを考えていました。でも肌に注入するものですから注意部深くなりますよね。「アクアミドってなに?どういう効果副作用があるの」って。美容整形でのアクアミドの注入は眉間のしわの場合全体に平坦にならすように注入します。

半永久的に続くわけでもなく、下にずれる可能性もあるとか。しかも、アクアミドって「ポリアクリルアミド」のことで「発がん性が疑われている物質」だとか。美容整形で用いられているアクアミドは「非吸収性」で「アレルギー反応を起こさない」らしいので、使用されているのですが、でもやっぱり何か不安ということで、他の方法を探してみました。

眉間のしわをとるマッサージ

眉間のしわってマッサージで取れるんですよね。美容整形でアクアミド注入を諦めた母と私が一緒に行なったのは、便秘を治す。これは新ドクソウガンGという便秘薬で解消。発展して腸内洗浄で完全に便秘解消しました。 私の眉間のしわはこの時点で解消(若いからでしょうか?)そして母は「眉間のしわをとるマッサージ」を実践しました。

やり方はクリームなどを先に塗って

①縦方向のしわは親指と人差し指の腹で上下にしわを伸ばす

②横方向のしわは片方の眉を手で押さえながら、しわを反対側の眉に向かって伸ばす*左右とも行ないます

それと必殺技として「笑う!!」ですね。とにかく笑う。楽しい気持ちだと眉間のしわもなくなるものです。そして気にならなくなっていきます。毎日気がついた時にマッサージを行って笑っていると、知らず知らずのうちに眉間が広がってきて柔和な顔になりますよ!