妊活にグリンルイボスティー

妊活、不妊治療をしている女性の多くが利用している「ルイボスティー」。ノンカフェインでで活性酵素を取り除いてくれるので、妊活には欠かせないお茶ですよね。

 

でも、ルイボスティー独特のにおいがダメで続けられない人も多いんです。

子宮をフカフカにしてくれるのによいとわかっていても、味やにおいを受け付けなかったらストレスにしかなりませんものね。

 

でもグリーンルイボスティーなら

 

  • ふわーっとよい香りがする
  • クセがなく飲みやすい

と、とても評判になっているんです。

⇒⇒癖がなくて飲みやすい!【グリーンルイボスティー】公式サイトはこちら

グリーンルイボスティーとルイボスティーは違うの?

グリーンルイボスティーもルイボスティーももともと同じ茶ばからできています。
違いは

発酵させたかどうか

ということだけなんですね。

従来のルイボスティ―は天日で8日ほど干して発酵させます。これが独特なにおいの原因です。
グリーンルイボスティーは茶葉を特殊製法で急速に乾燥させ、発酵させないようにします。そしてそのおかげで生茶葉の栄養成分がそのまま残るんです。

その違いをルイボスティーの主要成分、フラボノイドとアスパラチンでみてみると

  • フラボノイドは10倍以上の含有量
  • アスパラチンは40倍から50倍!!

同じルイボスティーなのに、この差はすごいですよね!

⇒⇒有機JASマーク認定、放射線物物質の新基準値をクリア【グリーンルイボスティー】公式サイトはこちら

ルイボスティーの効能

ルイボスティーにはSOD(スーパーオキシドジムスターゼ)酵素と呼ばれる植物由来の酵素が含まれています、このSOD酵素がデトックス効果に大いに活躍し、その「抗酸化作用」で、体の抵抗力を高め、新陳代謝の活性化などに役立ってくれます。

またアスパラチンは血糖値の上昇を抑えてくれるので、糖尿病やメタボ改善効果を期待されています。

妊活中や妊娠中、産後の方にもSOD酵素の働きで、

  • 冷え性の改善
  • 血管の活性化を図り、生殖器機能の改善
  • ストレス軽減
  • 安眠効果

などが期待できます。

これらは普通のルイボスティーでも栄養成分が十分に摂取できますが、フラボノイド10倍のグリーンルイボスティーを継続して飲むことで更なる効果が期待できますよ。

⇒⇒抗酸化作用でストレスのない体へ!【グリーンルイボスティー】公式サイトはこちら