カテゴリー別アーカイブ: アロマテラピー

エッセンシャルオイルでアロマな効果

エッセンシャルオイルの効能

エッセンシャルオイルでリラックスエッセンシャルオイル(精油)はオイルといっても「油」のようなべとつきがないのが特徴です。ハーブの揮発性有効成分を抽出し、その効能が凝縮されたのがエッセンシャルオイル。からだの症状によってハーブを選んで使用します。

主な効能として、デオドラント、鎮静、アロマバス、マッサージなどに使用されるのが人気のようです。ローズ(オットー)のエッセンシャルオイルは情緒面に作用する効能があり、抗うつや、ストレスを解消したい時にいいようです。

ボディに対する効能としては、乾燥肌、生理不順、便秘、高血圧、肌の炎症などに効くとされています。そしてなんといってもローズオットーが活躍するのがアロマオイルスキンケアスキンケア。肌のきめを整えたい時、ハリがほしい時などに大変効果があります。

エッセンシャルオイルローズにはオットー(水蒸気蒸留法)、アブソリュート(溶剤抽出法)の2種類があります。ローズオットーの色は無色に近いですが、ローズアブソリュートはきれいな透きき通る赤色をしています。アロマテラピーや肌のマッサージに使用する場合は、ローズオットーが使用されますが、香りでいえばローズアブソリュートのほうが数段に優れています。催淫作用と抗菌特性でも、ローズアブソリュートのほうがより勝っています。

エッセンシャルオイルの使い方、作り方

エッセンシャルオイルでアロマバスエッセンシャルオイルの使い方を説明したいと思います。

一般的なのはアロマポットでお部屋に香りを漂わせる使い方ですね。アロマランプ上部の皿に水を少し張り、その上からエッセンシャルオイル(精油)を数滴落として使います。好みによって1種類のオイルだけでなく、数種類ブレンドしてもいいですね。

何のエッセンシャルオイルを何滴、といった決まりはなく、自分のテイストにあるブレンドを作りだしてみてください。リラックスしたい時はアロマバスもいいですね。これもエッセンシャルオイルを3-5滴お風呂にたらしてよくかき回し、3-40分ゆっくり半身浴でもしながら過ごしてください。アロマオイルの香りとバスタイム効果でゆったりできrはずですよ。

エッセンシャルオイルで好きな香りのアロマオイル化粧水を作ることもできます。用意するものはキャリアオイルもしくは無水エタノールとお好きなエッセンシャルオイル、そして精製水(もしくはミネラルウォーター)。キャリアオイルを使用する場合の作り方はキャリアオイル5mlにエッセンシャルオイル(精油)3滴を加えてよく混ぜ合わせます。その後に精製水(もしくはミネラルウォーター)mlを加えて出来上がりです。

キャリアオイルを使用した場合は使う前によく振ってください。無水エタノールでの作り方は光の通らない瓶にエタノール5mlを入れ、エッセンシャルオイル(精油)を合計3滴落として振ります。その後精製水(またはミネラルウォーター)を45ml入れ、更に良く振っります。キャリアオイル同様、使用前にはよく振ってください。